Kazukumagai

ギャンブルの歴史

日本ではポーカーは合法か?

日本ではポーカーは合法か?

日本では、公営ギャンブル以外の賭博は基本的に違法です。

日本のギャンブルで最も売り上げを上げているのは「パチンコ・パチスロ」ですが、こちらは公営ギャンブルではありません。

しかしパチンコ・パチスロは違法ではなく、合法です。それは「三店方式」を使って換金をしているためです。

それなら、パチンコ・パチスロと同じように三店方式を使用すれば、ポーカーなどのカジノギャンブルなども可能なのでしょうか?

三店方式なら、ポーカーなどのギャンブルは可能?

結論から書くと、不可です。
現行の法律で三店方式を使用して換金行為が可能なのは、パチンコ・パチスロのみとなります。

過去には三店方式を利用したカジノが捕まった例もあります。
では、合法的にポーカーなどのカジノギャンブルをするにはどうすれば良いのでしょうか?

オンラインカジノなら、法を犯すことなくギャンブルポーカーが可能!

オンラインカジノをご存じでしょうか?家に居ながらにしてギャンブルが出来るという、コロナ禍の時代にマッチしたコンテンツです。

オンラインカジノの運営がカジノを合法とする国や政府に拠点を置いているなら、現状日本国内でプレイしても違法では無いです。

また、オンラインカジノにはポーカー以外にも「スロット」「ブラックジャック」など多くのゲームがあります。

ポーカーの種類について
日本人の呼ぶ「ポーカー」と、カジノの「ポーカー」では認識が違います。

多くの日本人のイメージするポーカーは、恐らく「ファイブドローポーカー」です。

ファイブドローポーカーは、5枚のカードを引いて「ツーペア」「フルハウス」「ストレートフラッシュ」などの決められた役を作るというルールです。

こちらはオンラインカジノでは「ビデオポーカー」というジャンルになります。

その中で「ジャックスオアベター」が最も日本人のイメージに近いポーカーです。

一方、カジノでのポーカーは「テキサスホールデム」または「カジノホールデム」です。

ビデオポーカーはカードの役のみで配当金が決まるため対戦相手が不在ですが、これらのゲームはディーラーと戦うためにルールを若干変更してあります。

テキサスホールデム・カジノホールデムは、プレイヤーとディーラーに2枚ずつカードが配られます。

中央には開かれた5枚のカードがあり、手持ちの2枚のカードと組み合わせて役を作ります。

当然、プレイヤーに高い役が出来てもディーラーがそれより高い役なら負けるため、ベット金額は没収されます。

参加費扱いの「アンティ」や、途中でベット金額を上乗せする「レイズ」などがあるため、資金を多く必要とし、ハイリスクなゲーム性となっています。

オンラインポーカーは日本で人気のある多くのオンラインカジノでプレイできますが、始める前にトランプのジョーカーの意味を知っていますか?

すべての権利は留保されています。著作権はkazukumagai.netに帰属します。